ほとんどコピーしただけのメールで大丈夫なのか?

無料のmコミュなら、とにかくたくさんの女性にメールを送ることが重要になります。
他の男性も次々とメールを送っているわけですから、自分もどんどんメールを送らないといけないのです。
それこそ、短期間で100人単位でメールを送らないと厳しいわけです。

ただ、1人の女性にメールを送るだけで、かなりの時間をかけてしまうと、たくさんの女性にメールを送るなんてまず無理でしょう。
大半の人は、mコミュにはそこまで多くの時間は使えないわけですから、1人に時間をかけてしまうと100人にメールを送ろうと思えば、ゆうに1ヶ月はかかってしまうわけです。

そこで、メールを書くのに時間をかけるのではなく、コピーしたメールを活用する方法があるのです。
つまり、1番最初に書いたメールをコピーして、一部分だけを改変して再利用するわけです。

これなら、1人に対して5分も時間はかからないでしょうから、短時間でたくさんの女性にメールを送ることができるわけです。
ただ、ほとんどコピーしただけのメールで、本当に大丈夫なのでしょうか?

もちろん、ニックネームや年齢などの最低限の内容は変えることになるので、完全なコピーメールというわけではありません。
ですから、ある程度内容の方に気を付けければ、少なくとも手抜きメールであることはバレないのです。

それでも、やはり時間をかけて丁寧に書いたメールに比べると、メールの質が落ちてしまうことは否めません。
しかし、同じ時間で1人にメールを送るよりも、10人にメールを送った方が返事をもらえるチャンスは絶対に多くなるので、よっぽど時間に余裕がある人以外は、コピーメールを活用していくのがいいのです。

粘り続けるか潔く諦めるか

mコミュで、とある女性と知り合うことができたとします。
ただ、その女性と知り合えたのは自分だけとは限らないのです。

基本的にmコミュにいる女性の多くは、複数の男性からメッセージをもらっているのです。
そして、すぐには1人に絞ることができず、とりあえず何人かの男性とやり取りするパターンが多いのです。

自分も、あくまでも何人かいる男性の中の1人に過ぎない可能性も十分あり得るわけです。
むしろ、それを前提にやり取りした方がいいでしょう。

さて、その後女性とやり取りを続けるものの、明らかに自分より他の男性に興味を示してることが分かることも多いです。
メッセージの内容から、自分にはあまり興味を持っていない、自分はせいぜい3番手候補ぐらいなどと、何となく察しがつくのです

そんな時に、粘り強く女性とのやり取りを続けるのか、あるいは潔く諦めるか、選択を迫れることになります。
もちろん、どちらが正しいというわけでもありませんし、このまま粘り続けるのも決して間違いではないでしょう。
粘り強く頑張れば、女性の印象も変わって自分の方に興味を持ってくれるかもしれませんが。

ただ、その女性とやり取りする時間を、他の女性に費やした方がいいという見方もできるわけです。
この時点で、正直今の女性と出会える可能性はかなり低くなったわけですから、それだったら潔く諦めて他の女性をすぐに探すべきだという意見もあるわけです。

薄い可能性に賭けて粘り強くやり取りを続けて、それで結局出会うことができずに終わってしまえば、それまで費やした時間が全て無駄になってしまうわけですから。

失敗したことを悔やむ必要はありませんが

mコミュで失敗しない人なんて、まずいないと言ってもいいでしょう。
1番最初に送ったメールで相手から返事をもらえて、その相手と順調に親しい関係になることができ、そして出会いに成功して恋人関係になることができた。
そんな都合のいいことなど、まずあり得ないと思った方がいいです。

普通は、メールを何回送っても返事はもらえないものですし、返事をもらえてもなかなか上手くいかないことなど日常茶飯事なのです。
仮に相手と出会うことができたとしても、そこから恋人関係になれるとも限らないのです。

このように、mコミュでは常に失敗をするものですし、本格的に利用している人なら余裕で3桁回数失敗しているはずです。
それが普通であり、1回1回の失敗でわざわざ悔やんだり落ち込む必要は全くないのです。

ただ、失敗したことを反省したり分析することは大事だと言えます。
どこがダメだったのか、どこを改善すべきなのか、次はどうやって取り組めばいいのか、そういったことを考えることによって、次に繋げることができるわけです。

また、それによって自分自身のレベルアップにも繋がるのです。
その結果、メールの書き方が上手くなったり、コミュニケーション能力が身に付いたりして、それが出会いを成功へと導くのです。

失敗は誰にでもあるからと言って、一切振り返らずに利用し続けても、同じことを繰り返してしまうだけなのです。
だからこそ、簡単にでも構わないので反省をしっかりと行うようにしましょう。

ただ、何度も言いますが必要以上に気にすることはないですし、あまり振り返りすぎるのも良くないのです。

出会ってからも結構道のりは険しい

mコミュで無事に出会いを達成することができたとします。
でも、当たり前ですがそれで目的を達成したわけではないはずです。

そこから、恋愛関係を築いていき、最終的には結婚をしたいと考える人が多いと思います。
人によっては、友達関係で十分だと考える人もいるかもしれませんが、それでも出会っただけではダメなわけです。

相手と出会って、そこからどのように一緒に過ごすか、どのようにしてコミュニケーションを取っていくかで、その後の関係が決まるわけです。
そこでもし失敗してしまうと、本来の目的を達成できずに別れてしまうことになりかねないのです。

特に、男性と女性では恋愛観も価値観も違ってくるわけですから、お互いの意見や考え方のすれ違いによって、あっという間に関係が終わる可能性も否めないのです。

それを考えると、出会ってからも道のりも結構険しいと言えますし、むしろ出会ってからが本当の勝負だと言えるのかもしれません。
出会ってそれで満足しているようでは、とてもそこからいい関係を築いていくのは無理でしょうし、今一度気を引き締めないといけないのです。

もっと言えば、相手と実際に出会うことによって、初めてその人の人間性や性格などが分かるケースも多いです。
したがって、mコミュ内では自分好みの相手だと思っていても、実際に会ってみると違っているパターンは決して少なくないのです。

そのため、場合によっては1回や2回出会っただけで終わってしまうケースもありますから、そうなればまた最初から相手を探さないといけないのです。

相手と出会うことなんて、本当にスタートラインにようやく立ったに過ぎないのです。

年下と年上とのコミュニケーションの違いについて

mコミュで知り合う相手が、必ずしも年下とは限りませんし、年上の場合も十分に考えられるのです。
では、年下と年上とのコミュニケーションの違いは、果たしてどの程度あるのでしょうか。

もちろん、年上であればより言葉遣いを丁寧にしたり、相手を敬う気持ちを高くする人もいるでしょう。
逆に年下であれば、言葉を崩して親しみを感じられる形にする人も多いかと思います。

ただ、少なくともmコミュでは、年下と年上とで、そこまでコミュニケーションのやり方を変える必要はないと思います。
あくまでその相手とは、仲の良い関係になって付き合うことが目的なわけですから、年下だろうが年上だろうがそこは共通しているわけです。

ですから、年上だからと言って必要以上に敬う必要もないでしょうし、逆に年下だからと言って馴れ馴れし過ぎるのも問題でしょう。
相手の年齢に関わらず、基本的な礼儀や言葉遣いは守って、でもあまり堅くならないような会話を心がけるのが無難だと思われます。

それに、相手と付き合うようになれば、もはや年下でも年上でも全く同じ感じで付き合うことになるわけです。
それを考えれば、変に年下か年上かを意識してしまうと、付き合ってから弊害になってしまう可能性もあるのです。

まあ、あまり難しく考える必要はないですし、最低限のことができていれば問題ないわけですから、気楽にコミュニケーションを取っていけばいいと思います。

まずは、いろんな相手と積極的にコミュニケーションを取りながら、少しずつ経験を積んでいけば自然にコミュニケーションにも慣れてくるはずです。

Copyright© 2010 mコミュより簡単に出会いが見つかるサイト All Rights Reserved.